今回瀬戸焼は、入口からすぐの

 

特集企画Ⅱ 「温故創新」彩りの器〜瀬戸焼〜 にも展示しています。

 

 

 

 

 

瀬戸焼についても、

 

 

 

 

 

 

 

ここに、棚橋の織部がセッティングしてあります。

 

 

 

花器に生けてある枝も素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、古瀬戸のセッティングもあります。

 

 

 

 

普段にも使える、古瀬戸変形丸皿も、素敵に!

 

 

 

 

 

 

1000年の歴史ということで、美術品も置いています。

 

 

お客様に質問されて、わからなかったのですが、作家名は、「しゅんたい」作です。

 

 

 

 

もっと、勉強しなきゃ!!

 

 

 

 

黄瀬戸も質問されて、わからず・・・

 

「これは何ですか?」と!

『黄瀬戸薄端』

 

時々見る形でしたが、疑問にも思わず・・・

調べたら、「花器」でした。

 

 

ちゃんと頭に入れて、お客様の前に立たなければ・・・

反省です。

・・・(;´Д`)