織部の釉薬を明日塗るので、作っておいた釉薬を出します。

沈殿しているので、混ぜてから、ひしゃくでいる分だけ、

  右の小さめの桶に移しておきます。
もう、少なくなってきたので、新しい織部を作って、早めに用意しておきます。

土灰に水を入れていくと・・・

   
あく、が出てきます。

  
面白いくらい、ブクブク~~~~~

これを、しっかり混ぜて、

   
たくさん、たくさん混ぜます。

   

「昔の人は、機械もなく、よく混ぜたよな~~」と、話しながら、楽しそうに混ぜています。

機械を止めると、

   
やはり、あく、が出ます。

でも、蓋をして待ちます。

  
(もうちょっと、小さめのベニアの蓋でもいいような・・・)

(о´∀`о)